自分の体質に合うもの

AGA 治療

育毛剤の作用の仕組みは使用する育毛剤の配合成分によって違いが出てきますから、自分の体質を知ったうえで合うものをチョイスするのが良いでしょう。高価な育毛剤ほど増毛を促す効果がアップするのかというと、そうとは限りません。その商品に含まれる成分と配合量が自分の頭皮の質に合っているかが重要です。なんとなく頭が薄くなってきたなと気づくと、心にひっかかるのが抜ける毛は一日何本くらいあるのかではないでしょうか。実は一日50~100本というのが平均で誰でも抜けてしまいます。150本より多く抜けているようなら、髪の毛がみるみる抜け落ちていく恐れが段々と高くなっているということになります。

低出力レーザーを頭皮に照射して、育毛効果を得るという仕組みの育毛器があります。マシンの多くは、クリニックやサロンで使用されているようですが、レーザーの照射出力を低くして家庭用にした低出力レーザー育毛器も売られ、大体4~7万程で購入できるようです。頭皮に低出力レーザーが照射されて起こることですが、刺激で血行が促進され、毛髪に関係する細胞が活性化することで、頭皮に作用し、育毛を進めます。しかしながら、家庭用低出力レーザー育毛器は、メーカーによって品質の差が激しく、ほとんど効果はない、ということもあるようですから、注意が必要です。髪や頭皮に負担をかけることの一つがパーマです。だからこそパーマの後には育毛をしないといけない、という気持ちになり、育毛剤も使いたくなります。でも、傷めた直後の頭皮に、育毛剤を擦りこむのは止めておいた方がいいでしょう。修復されるまでは育毛剤の使用は控えた方が、後々に響かないでしょう。パーマ後の洗髪ですが、ごしごし力いっぱいこすらずに、やさしく、軽いマッサージのような感覚で行います。洗髪剤はしっかり洗い流し、洗髪後、髪はしっかり乾かしておきましょう。育毛という点を最大限重視する方向なら、パーマはおすすめできないのですが、ぜひにということなら、育毛パーマを利用すると頭皮に深刻なダメージを与えることはありません。頭皮マッサージで育毛している人は多いかもしれませんが、ちょっとひと工夫して、椿油を使用してみるのも良いかもしれません。オレイン酸を多く含む椿油は、アトピーや敏感肌でも使える低刺激オイルとしてすでに多くの出荷実績があります。

頭皮を軟化させる効果があるほか、一度保持した潤いを逃さないので地肌の健康促進効果を得ることができます。一度に多くの油を使用すると洗髪時に負担がかかりますから、最初は少なめに、あるいは気になる部位から使ってみるのも良いでしょう。オレイン酸は老化促進物質である過酸化脂質の生成を防ぐので、育毛や頭皮の状態改善に寄与すると考えられます。頭皮マッサージの頻度は人それぞれだと思いますが、普段使いとして高温調理などでも酸化しない特質を活かしてトリートメントとして使うと、熱に強いのでドライヤーの温風による乾燥から髪と地肌を保護し、適度なツヤによって白髪を目立ちにくくする効果もあります。

コメントは停止中です。