不妊治療

一般的に不妊治療は費用もかさみますし、精神的にも大きな負担があることは明らかです。居住地の公的な助成金制度も活用出来るはずですが、一定の年齢(40歳程度)を超えると支給回数が減る例が多いのが実情です。

治療を初めた年齢を考えると40歳以上といってもまだまだで、給付回数は減らすべきでないと思うんです。

今年で40歳になる私ですが、イロイロなものに追い詰められているようで、ストレス(過剰に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)も限界です。葉酸の摂取については、赤ちゃんを授かった事が分かってからご自身の体や赤ちゃんのために、葉酸を摂るようになった妊婦さんも多いのではないでしょうか。
では、赤ちゃんを無事に出産した場合には葉酸の摂取を止めても問題ないのでしょうか。
胎児の成長のために葉酸を摂取されている、という場合は、妊娠している間に絞って摂取をするという方法でも構いません。

しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも様々に活躍してくれます。

たとえば、体のバランスを整えるために葉酸は不可欠の栄養素ですので、出産後も続けて葉酸を摂るようにすることで日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。流産を経験しています。
ずっと欲しかった子供でしたので、たいへん落ち込んでしまっていたのですが、夫や周りの方の支えがあり、流産してから1年後くらい経つと、「子供が欲しい、諦めないようがんばろう」と決めて妊娠を考えて行動するようになりました。
妊娠に適した体になるように、冷え性を治沿うとまず運動で、体を変えてみようと思いました。

その結果、新陳代謝が良くなったためか、低体温が改善し、基礎体温が上がったので困っていた冷え性が、ずっと良くなりました。友達と話していたら、葉酸サプリが良いらしい、という話になりました。使いやすいのはどこのサプリかな、って聞いてみると、どうやらベルタのものが良いんじゃないかと考えているようでした。
私は、葉酸は妊娠前からサプリを摂っておいた方が良いとテレビで見たことがありましたから、妊活中の彼女に勧めておきました。妊活をがんばっている友達には、絶対幸せになって欲しいと思うので、お腹の赤ちゃんがすくすく育って、無事に生まれるといいなと願っています。皆様は、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温やご飯の管理など、ほとんどの活動は女性側が主体となって行うもののように感じますよね。

でも男性側にも実践していただきたい妊活があります。

それは、普段のご飯の中で葉酸を意識して摂ってみて欲しいという事です。

不妊や流産といった辛い経験に悩まれている方にもぜひご一読して頂きたい事なのですが、沿うした原因は母体に限らず、夫に問題があっ立という話も良く耳にします。
男性の精子に染色体異常があると、受精卵が着床しにくくなるのです。

葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子を創るという働きがあります。

そのため、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみてください。フェイスブックでお見合い

コメントは停止中です。